プライムワードローブ試してみた

なるものが始まっていたので試してみる。プライム会員なら無料で利用できる。

ちょうどランニング用のパンツを探していたことで、プライムワードローブ対応のアイテムから適当にピックアップして送ってもらう。利用するには3点以上選ぶ必要があった。一点だと買われても採算あわないのかな。

ボトムスって履いてみないとサイズ感がわかんなくて、ネットで買うのはためらいがち。こういう仕組みがあるとハードルが下がって良い。

届いたパンツを履いてみたら同じMサイズでもふくらはぎのところが窮屈だったり、メーカーによって違いがあった。あとは素材感を確認できるのもやっぱり便利。

届いた段ボールは返品時にも使えるような作りになっていて、オンラインでどれを返却するか選んで処理したのち、コンビニに持っていけばオーケー。返送用の伝票まで入っててスムーズ。

Amazonなら返品もハードルは低いけど、プライムワードローブはあくまで試着という体験だから返品するにも心理的なハードルが低いんじゃないかなぁ。

一点、絞り込みの条件でプライムワードローブ対応商品を探せるようにしてるけど、メンズの絞り込み項目と被ってて、探しにくかった。

商品詳細ページの関連商品も全て対応商品でレコメンドしてくれたら嬉しかった(試着できるアイテムを基準に探しているので)。

今度、靴でも試してみたい。

関係ないけど、スマホでこのエントリ書いてるけど何ら問題なくかけるなぁ。ワードローブもすごいけど、ワードプレスもすごい。

and wanderのサコッシュ買った

韓国に出張する機会があってスーツケースやら新調したのだけど、出張時に同僚が使ってたナイロン製の薄くて軽いサコッシュが便利そうだった。帰国後にすぐ購入。

and wanderのサコッシュ、サイズも大きめでいい感じ。パスポートやらモバイルwifiやら財布とか入れてもまだ余裕がある。

ということで出張or旅行に行きたい。

健康に目覚めた

夏頃からプランクやりはじめ、5分間耐えられるようになったので、いろいろあって次はランニングをやってみようという気持ちになり。

「5キロ走るなんて絶対無理」って人間だったのに、いまや1時間ちょっとかけて10km走れるようになった。

Xiaomiの体組成計をかったり、Mi bandを買ったり、運動後にはプロテインを飲み始めたりして、すっかり健康オタクになっちゃった。

Xiaomi製品、安いしアプリは良く出来てるしで、満足度が高い。

最近はランニングながら、笑い飯哲夫の仏教のポッドキャストを聴くのが好き。

自分でもこうも変わるものかと笑ってしまうのだけど続けていこうと思う(いつ飽きるか知らんけど)。

仏像と仏教

聖観音菩薩立像

去年、上野の東京国立博物館で開催された運慶展を見に行ったのがきっかけで仏像に魅力を感じるようになった。

その後、快慶展、醍醐寺の密教展などを見に行くにつれて、仏教そのものにも興味が湧いてきたので、みうらじゅんの仏教の本を読んだり、TV見仏記を見始たり。阿吽って漫画を読んだり。

カリグラフィのときもそうだったけど、最初はビジュアルに惹かれてハマり、その後は歴史を知ることに興味が出てくる人間のようだ。

運慶展、快慶展の図録をやっぱり買おうかなあ(密教展の図録は先日買った)。

レディプレイヤー1と恋雨みた

「ガンダムでてるよ」って聞いてレディプレイヤー1を見に行った。
レディプレイヤー1は2Dで見ちゃったんだけど、3D良かったよと聞いてちょっと後悔。

久しぶりの映画館の体験が思いのほかたのしくって、間をあけずに恋雨を見に行った。

恋雨は小松菜奈無双で打ちのめされた。

つぎはデッドプール2と万引き家族は見に行きたい

バタフライボード2に最適なマーカーを探す

バタフライボードを愛用しているのだけど、コスパも含めて最適なペンにまだ出会えていない。

[amazonjs asin=”B00ODSSXBS” locale=”JP” title=”パイロット ボードマーカー ボードマスターS(極細・イレーザー付) ブラック WMBSE-15EF-B”]

最初に使い始めたのはこれ。

○なところ

  • もちやすい
  • イレーザーつき
  • 安い

△なところ

  • A4サイズのホワイトボードには線幅がちょっと太い。
  • インクの供給が安定しない(個体差かもしれない)

[amazonjs asin=”B00MHDGR64″ locale=”JP” title=”CANSAY nu board ホワイトボードマーカー3本セット(黒) BSLC00BL03″]

その次に使ってみたのはこれ。
書き心地はとてもいいんだけど、消しにくさが結構なストレスになって出番が減った。
一日立つとウェットティッシュで消すにも力がいる。

○なところ

  • 線幅が細い
  • 持ちやすい長さ
  • かすれたりしない
  • 定着力が強い

△なところ

  • 消えにくい(結構な力が必要)
  • 高い(3本で900円近い)

[amazonjs asin=”B007C0NREM” locale=”JP” title=””]

さらに細いやつがあったので購入してみたところ、細さも書き心地もよい。

やっとたどり着いたと思ったら、数時間でインクの出が悪くなってしまった。
分解してみたらインクの供給に時間がかかりそうな構造だったので、書きまくると掠れそうだった。

5本持ち歩いて、掠れたら交換するようにしているけど…うーんって感じ。

○なところ

  • 線幅が細い
  • そのわりに安い
  • 消しやすい

△なところ

  • インクの供給が安定しない
  • ペン自体が短い

0.5mmホワイトボードペンシルセット・ブラック | BUTTERFLYBOARD

今の所落ち着いてるのはバタフライボードに付属していたマーカー。
0.5mmで細いので使い勝手は良い。

○なところ

  • インクの供給は比較的安定
  • 細い(試した中で一番細字だった)
  • 消しやすい

△なところ

  • バタフライボードのオフィシャルショップでしか取扱がない
  • 送料込みで3本1000円
  • ペン自体が短くてちょっと持ちにくい

まとめると

コスパも考えると一長一短あってベストな一本にまだ出会えていない。

2017/08/06 気になったメモ

2017/07/30の気になるメモ