GAS: 別シートの特定範囲をコピーして貼り付ける

とある作業で毎週1,2回はコピペしてるから、ショートカットしようと思ってGASを書いた

サンプル:シート1 のA2:E2に、シート「あいうえお」の値を貼り付けたい
シート「あいうえお」にはこういうRangeでデータがある

GASを書く

function PasteTheCopiedValue() {

  //アクティブシートを取得する
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //特定シートの特定範囲を取得
  var copyRange = ss.getSheetByName("あいうえお").getRange("A:E");
  
  //アクティブなセルを取得する
  var currentCell = sht.getActiveCell();
 
  //アクティブなセルに貼付け
  copyRange.copyTo(currentCell, {contentsOnly:true});
 
}
マクロからスクリプトを実行すると
コピペ完了

ドメインからネームサーバーをしらべてスプレッドシートに記録するGAS

タイトルの通りなのだけど、ドメインのリストからネームサーバーを調べて、結果をスプレッドシートに出力するGASを書いた。きっとシェルとかでやるようなことだと思うけど、ググったらこのページがヒットしたので、GASでもできるならと試してみた。

“ドメインからネームサーバーをしらべてスプレッドシートに記録するGAS” の続きを読む

【GAS】以前書いた「参照元のセルにジャンプするスクリプト」をバージョンアップして vlookup()にも対応した

【Googleスプレッドシート】GoogleAppScript (GAS)で参照元のセルにジャンプするショートカットを実現する – pplog という記事を以前書いて日々愛用しているのだけど、vlookup()で参照している場合には使えなかったので、週末にえいやっと対応した。

“【GAS】以前書いた「参照元のセルにジャンプするスクリプト」をバージョンアップして vlookup()にも対応した” の続きを読む

スプレッドシートに特定の文字列が出現したらSlackに通知するGoogleAppScript

スプレッドシートで試算などを行っているときに、「いつの間にか数式が壊れてることに気づかずそのまま作業を進めてしまい死…」みたいなことがあるので、防止する仕組みを作ってみることにした。

“スプレッドシートに特定の文字列が出現したらSlackに通知するGoogleAppScript” の続きを読む