Instagramショッピング機能に対応できるようになった

国内でもshop nowができるようになったので、minneでも対応。
作家さんがInstagramを今まで以上に活用できるようになると思うので期待。

キャリアキーノートでしくじりを話した

ペパボの新卒研修のプログラムのひとつに「キャリアキーノート」っていうのがある。

キャリアキーノートとはなにか | blog: takahiro okumura

くわしくはおっくんのエントリーを読んでもらったり、

社内イベントでキャリアキーノートに挑戦しました – #june29jp

実際にしゃべった @june29 のエントリーを見てもらえればどういうのか分かるので便利です。


ご指名いただく

人事のばしえ姉さんに「キャリアキーノートよろしく〜」とご指名いただいたので、自分のリポジトリで issueつくって考え始めた。

しばらく考えてみたんだけど「あれ…新卒のみんなにアドバイスできることなんてないぞ!」と早々に分かってしまった。

じゃあどういう話をするかなあと考えた時に、TVでみた「しくじり先生」のことを思い出した。

あの番組って「先生」なのに自分のしくじりを語っててそのギャップが面白かったので、自分がどういう失敗をしてきたか、そこから自分の価値観がどう変わったかを話すことにした。

実際スライドを作ってみると、「自分はなぜこの立ち位置にいるのか」というのが整理されて自分自身の振り返りになったのが良かった。

あと、こういう発表すると、普段話す機会が少ない社内の人からも話しかけてもらえたりするので良いよね。

今回発表はkeynoteとkeynoteのアプリを使ったんだけど、アプリでスライド送りが出来て便利だった。
ポインタやマーカーの機能までついてるのね。今回は出番がなかったのでどっかで使いたい。

MacBook Pro のCMにminneがががが

17秒あたりからほんの少しだけどminneが。

Touch Barに MINNEに支払うって表示されてる!

minneのサイトが表示されてる!

AppleのCMに使ってもらえるなんて、そうそう経験できることじゃないので素直に嬉しいなー。

しかし、仕事用のMacBookProの納期が遅れているようで、まだ届かない…。

はやくTouch Bar生活したい。

根本的な帰属の誤り

この記事は、Pepabo Managers Advent Calendar 2016の4日目の記事です。
3日目は、革製品のスペシャリスト兼主席研究員兼シニア・プリンシパルエンジニアmatsumotoryさんの「エンジニア個人が自主的に成長するように促す – エンジニア組織の自律的成長」でした。


人間は毎日のように何かしらの失敗します。

自分がミスしたとき

  • 最近仕事が立て込んで疲れていたからだ
  • 正しく判断できなかったのは渡された情報が少なかったからだ

他人がミスしたとき

  • あのひとはやる気がないんじゃないか
  • ちゃんと確認して進めないからだ

正直なところ、こんな風に考えちゃうのではないでしょうか?

自分がミスしたときは、その原因を外的な要因に結びつけがちです。
一方、他人のミスに対しては内的な要因に結びつけようとします。

これは「根本的な帰属の誤り」という認知バイアスの1つだそうです。

つまり、

  • 自分のミスは周囲のせい
  • 他人のミスはその人のせい

と認識していまうということですね。
ミスの要因は内と外のそれぞれにあるのに、自分と他人ではその比重が全然違う。

「根本的な帰属の誤り」は、人間がもともと持っている厄介な偏りです。
だから、一瞬でもそう思っちゃうこと自体はしょうがないことかもしれません。

そしてこの偏りは失敗だけでなく成功した場合にも起こります。

  • 自分の成功は、自分の努力によるものだ(内的)
  • 他人の成功は、運が良かっただけだ(外的)

自分の成功には内的要因を、他人の成功には外的要因を結びつけようとします。
ミスしたときとは真逆で面白いですね。僻みはこういうところから生まれてるんだろうなと。

人間はこういう偏りを持った生き物で、そんな人間同士が一緒に仕事をするのだから、何も考えずに過ごしていては殺伐とした職場になりそうです。

偏りがあることを意識して、

  • 自分のミスには、自分にも原因があったのではないか(内的要因にも目を向ける)
  • 自分の成功には、周囲の協力もあったのではないか(外的要因にも目を向ける)
  • 他人のミスには、外部にも原因があったのではないか(外的要因にも目を向ける)
  • 他人の成功には、本人の努力があったのではないか(内的要因にも目を向ける)

という面も意識できると良さそうです。

表にするとこんな感じ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-9-12-20

ペパボが大切しているに3つのことの1つである「みんなと仲良くすること」を実践するために、自分自身が心がけていることを紹介しました。

もっともっと「何かを達成した時に、泣いて笑って祝福し合えるような組織(※1)」にしていきたいですね。

それではご唱和ください。

謙虚!尊敬!信頼!

※1・・・このワード気に入ったのでmatsumotoryさんのエントリーから拝借。

minneがApple Payに対応した

ちょっと間が空いたけど、10/25にminneがApple Payに対応したので記録。

\"%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-12-13-13\"

夏頃から準備を進めてきた minneのApple Pay対応が無事リリースされた。
Appleのサイトに自社サービスのロゴやキャプチャが掲載される、という実績解除が出来たぞ。

\"img_1943\"

しかも、App Storeのトップに minneのアートワークを掲載してもらえたし(一番左のいい位置!)、ありがたい限り。

Apple Pay対応サービスが増えれば増えるほど、恩恵が大きくなると思うので日本で定着してほしいなあ。

Apple Pay開始後、早速Suicaをwallet登録し、コンビニなどの支払は全てSuicaで支払うように切り替えた(そのためにviewカードも申し込んでた)。
財布を持ち歩かなくていいし、SuicaだとtouchID不要で決済できるからとても便利。

しかし、ローソンはSuicaでもtouchID必要なので注意。

同じ場所で仕事するって大事

今月も開発メンバーとの面談のために福岡へ。
東京と福岡で離れて仕事しているし、(会社の中では)メンバーも多い開発チームなので、月イチで顔を合わせるようにしている。

月イチの個別面談が主目的ではあるのだけど、「同じ場所で仕事する時間を作るため」というのもある。

同じ場所にいるだけで、チームやメンバーの状態を知る手がかりがたくさんある。
得られる情報量が全然違うのよね。観察力が試されるんだけど。

他の部署の人からは「人数多いから大変ですねー」と言われることが多い。
そりゃ管理者としては大変なのだけど苦じゃないんだよね。

人数多いからこそできる動きもあるからなー。
日々、試行錯誤しつつ楽しくやっている。もちろん大変だけど。


以下福岡で食べたものメモ。

asset

4/8

昼過ぎに福岡オフィスについたら、色々やること満載になってしまいお昼食べ損ねた。オフィスにあったバナナで飢えを凌ぐ。

夜は万作というお店に連れて行ってもらった。

P肉というのが名物らしく、何かと思ったらピーマンの肉詰めのことだった(写真上段)。なるほど。

このP肉、ピーマンが生で手でつまんで食べれるやつだった。生のピーマンって苦くないの?っておもったけど全然そんなことない。
いくらでも食べれちゃうやつだった。美味い。

締めはアジアンな麺(写真左下)。酸味と絡みがあってトムヤムヌードルな感じかな。美味しかった。

4/9

翌日も朝からあれやこれやリリースしてたら、すぐにお昼。
ランチはエンジニア陣とパスタ。ペペロンチーノが美味しいお店だった(写真右下)。

昨夜のP肉の説明をしていたら、ユニコーンのクシャトリヤの話になり(4枚羽畳むとピーマンぽいもんね)、宇宙世紀はさぁーとガンダム話へ。
スプラトゥーンの戦績を記録するアプリを作ってるメンバーがいて見せてもらったり。

行く度に美味しいお店情報が増えて嬉しい。
毎度美味しいところに連れてってくれてありがたい限りです。

マネトークを1ヶ月弱継続してみて

毎日マネトーークを実践中 « pplog のエントリーを書いてから一ヶ月弱経過した。
最近は18時になったら自然とマネージャー陣が集合するようになり、すっかり習慣化。

good

  • 問題や課題を一人で抱え込まないから気持ちが楽
  • 相談される側も、問題がでかくなる前なので対処法を考えやすい
  • 進捗確認を毎日やるから、すっかり忘れていた!というケースが減った

problem

  • アイデアが出て盛り上がると30分で終わらない
    • 結果、チームの夕会(18:30〜)への出席率が著しく低下
  • 議事録書くのが苦手なことが分かった
    • 話に参加してしまい、手が止まる

という感じで、課題はあるけど引き続き続けていくぞという気持ち。

引っ越しと福岡出張と胃カメラ

2/29

オフィス引越し(正確にはフロア移転)
ついに1フロア全部ペパボに。
壁向いて仕事しているペパボ時代を知ってる(そのときは部外者だった)だけにセルリアン1フロアは感慨深い。

3/3,3/4

福岡オフィスのメンバーと面談するために今月も福岡へ。
気温が15度あって過ごしやすかった

面談以外の時間は開発メンバーの横で仕事していた。
メディア露出の予定にあわせてインフラ周りをどう準備しましょうかねー、といった調整も隣の席にいたのでサクッと決まり便利。
基盤チームのメンバーも一緒に出張していたので、今一緒に進めている案件についてえいやっと決めたりした。

福岡食事メモ

asset

翌日は健康診断の再検査で胃カメラ飲まないといけないので、早めに夕飯食べて帰路についた。

3/5

んで、翌日。
朝の9時に病院へ行き胃カメラを初めて飲んだ。

「アレはきつい」

「あれは地獄」

「喉が傷ついた」

「口から入れても鼻からいれても地獄」

と周りから言われて完全ビビっていたけど、若干おえーってなったくらいで無事終了。

結果は特に異常なしだったので、ほっとした。
バリウム検査はやめて、次回からは胃カメラでやってもらおうかと思う。

毎日マネトーークを実践中

毎日30分のマネトーーク実践のススメ というグレートエントリーに影響をうけ、自分の部署でも毎日マネトークをやるようにしている。

「問題の芽が小さいうちに早めに対処する」というのは当たり前のことかもしれないけど、大小様々な問題が同時に発生、進行するので一人では後回しになってしまいがち。
加えてうちの部署は東京と福岡の2拠点でサービスを運営しているので、各拠点で起きている問題はなかなか見えづらいという課題もある。

そういう現状の中ではマネージャー間の連携プレーが重要だと思うので、とても貴重な時間。
いまのところ18:00から30分がマネトーークタイム。

まあ、たいてい時間オーバーしているんだけど、最初はそういうものかもしれない。