PGC2019に参加

PGCとは Pepabo Growth Camp の略語で、年イチで主にマネジメント系のメンバーが集まり、

  • 今期振り返り
  • 来期方針
  • ディスカッション

を一泊二日で行うイベント。

もともとは予算合宿と呼ばれていたけど、ここ数年は東京・福岡で別々に仕事しているメンバーが一つの場所に集まり、普段とは違う頭を使って議論しコミュニケーションを深めるイベントに変化している。

各事業・各部門の責任者が集まると、普段あまり触れない分野のことも知ることができるし、思考に幅が出るのがとても良い。

ディスカッションは、5人1チームに別れ、10年後の世界を妄想し、10年後のペパボがどのような変化を遂げていくべきなのかを考えるという内容だった。

目の前の課題に対して何か考えるのは特に得意なメンバーだと思うけど、こういうお題に対してもみんな面白い考察をアウトプットしていたなー。

我らのチームは

  • 経営戦略部の部長
  • セキュリティ対策室の室長
  • カラーミーショップのマネージャー
  • SUZURIのシニアエンジニア
  • minne (私)

というメンバー構成だった。セキュリティ・戦略・ブロックチェーン・ECプラットフォームと得意分野がそれぞれ違ってて面白い。

10年後を考えた結果、「自と他の境界線などなくなる世界になるのだ」という未来にたどり着き、「そうなると自己を証明するという価値がより高まるのでは?」といった話をするなどした(これだけ読んでもなんのことだ?となりそうだけど)。

今見えているテクノロジーから未来を想像するのもいいけど、多少突飛な妄想から話を広げてみるのも面白かったりする(このときは人間の欲求だって変化していくかもしれないよね、という仮説からスタートした)。

考えたことを発表するメンバーは普段からIRをやってるだけに「ここのロジックが説明つかない!どう着地させたらいいんだ?!」とか言いいながら資料作ってて面白かった。普段直接的に仕事するメンバーじゃない人と共同作業するってのは楽しいし面白い。

年々人も増えてきたPGC。
人数が多くなった分、アウトプット(自分たちが発表する)とインプット(他チームの発表を聞く)のバランスを取るのが難しくなってきたというのはあるが、いつも刺激をもらえる楽しいイベントなので来年も楽しみにしている。

もともと学ぶこと自体は苦にならず大好きな方なのだけど、さらに学びのモチベーションが高まるイベントだった。

みなさま、おつかれさまでございました(まっほーの写真を借りた)。

ターミナルのプロンプトをカスタマイズした

Railsアプリにチャレンジやー、ということでターミナルを起動する機会が増えそうなので、いくつかのサイトを参考にしてターミナルをカスタマイズした。

ブランチ名出すようにしたり、コマンド実行後に改行を入れるようにしたり。
# git ブランチ名を表示
source /Library/Developer/CommandLineTools/usr/share/git-core/git-prompt.sh
source /Library/Developer/CommandLineTools/usr/share/git-core/git-completion.bash
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\[\033[32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[34m\]\w\[\033[31m\]$(__git_ps1)\[\033[00m\]\n\$ '

# 出力の後に改行を入れる
function add_line {
  if [[ -z "${PS1_NEWLINE_LOGIN}" ]]; then
    PS1_NEWLINE_LOGIN=true
  else
    printf '\n'
  fi
}
PROMPT_COMMAND='add_line'

# alias
export LSCOLORS=exfxcxdxbxegedabagacad
alias ls='ls -G'
alias ll='ls -la'

Udemyで統計の勉強

の2つをセールのときに買っていたので、ちょっとずつ観ていたんだけどようやく観終わった。

特に[Rではじめる統計基礎講座]は、Rstudioで検定や重回帰分析のやり方について実際に手を動かしながら学ぶことができたので良かった。

重回帰分析って名前が強そうだから敬遠してたけど、Rにある便利関数のおかげで結果を求めるまでの手順は割とシンプルなことがわかった。

スプレッドシート使ってるとついつい平均値とって満足しちゃいがちだけど、データの分布を見る癖をつけないとだなあと、2本の講座を通して実感(どっちの講師も口酸っぱく言ってた)。

「正倉院の世界」展 と 「文化財よ、永遠に」展を観に行った

正倉院が東大寺の裏手にあることすら知らなかったんだけど、正倉院展のチケットをいただいたので、週末に行ってきた。

正倉院の宝物といえば頭に浮かぶ螺鈿細工の鏡や琵琶が見れて満足。銀製の香炉は構造が凝ってて面白かった。小学生くらいの男の子が構造の展示に釘付けになっていたな。

足利義政、織田信長、明治天皇が切り取ったという香木の展示も興味深かった。
時代が違う3人が一本の香木によって繋がってるんだなあ。
あと、明治天皇、結構大胆に切り取りましたね…って感想。

日が暮れてから観に行ったのだけどそれでも随分とお客さんが多かったなー。
先日のNHK特番の効果もありそう。

もう一つ。

平成館の「正倉院の世界」展とあわせて、本館の「文化財よ、永遠に」展も観てきた。せっかく来たしついでに観るかなーという軽い気持ちで行ったのだけど、すいません…素晴らしい内容でした。

経年劣化だけでなく災害(震災とか)で損傷した仏像の修復工程を学ぶことができる貴重な展示だった。そんな壊れ方したらもう修復とか無理でしょ…ってレベルの壊れっぷりから修復してて、専門家の技術はすごかった。

特に良かった仏像は 第一展示室の 不動明王立像の2体。
一体は表情の豊かさ、もう一体は光背に立体感があり、どちらも素晴らしかった。

第二展示室には金剛輪寺の十二神将のうち6体が展示されていて、これがめちゃくちゃかっこよかった…。サイズ感、鎧や衣に入れられた細かな装飾、躍動感のあるポージング(ジョジョ立ちのルーツは仏像説を提唱したい)、本体を際立たせる特徴的な台座など、どこをとっても素晴らしく、第二会場へ入った瞬間に目を奪われてしまった。

30分もあれば見終わる小さな展示だけどオススメ。

ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムに行ってきた

初参加なので、アリーナ観戦プランを課金した。

今年の日替わりマイヨジョーヌのジャージもずらーっと並んでた
スーパーアリーナ内を選手が通過するコースレイアウトだった

数年前からツール・ド・フランスを観るようになり、今年はJsportsを契約してツール・ド・フランス、ブエルタ・エスパーニャを観ていたので、招待選手にベルナル、バルデ、ログリッチェが入ってたのでテンションあがったなー。

しかも怪我でお休みしていたフルームも(チームTTだけだったけど)参加して、ベルナルと並走している姿を見れたのも良かった。フルームはその後電車に乗ってラグビーの試合を観に行ったらしいw

こういう体験が近場でできるのは嬉しいなー。初参加だったので年々盛り上がっているのか衰退気味なのかはわからないけど、来年もあれば参加したい。

逃げ集団がメイン集団に吸収されてるので多分終盤あたりかな。
さいたまスーパーアリーナの会場を抜けてきた選手達を間近で見れて満足。