ターミナルのプロンプトをカスタマイズした

Railsアプリにチャレンジやー、ということでターミナルを起動する機会が増えそうなので、いくつかのサイトを参考にしてターミナルをカスタマイズした。

ブランチ名出すようにしたり、コマンド実行後に改行を入れるようにしたり。
# git ブランチ名を表示
source /Library/Developer/CommandLineTools/usr/share/git-core/git-prompt.sh
source /Library/Developer/CommandLineTools/usr/share/git-core/git-completion.bash
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\[\033[32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[34m\]\w\[\033[31m\]$(__git_ps1)\[\033[00m\]\n\$ '

# 出力の後に改行を入れる
function add_line {
  if [[ -z "${PS1_NEWLINE_LOGIN}" ]]; then
    PS1_NEWLINE_LOGIN=true
  else
    printf '\n'
  fi
}
PROMPT_COMMAND='add_line'

# alias
export LSCOLORS=exfxcxdxbxegedabagacad
alias ls='ls -G'
alias ll='ls -la'

“ターミナルのプロンプトをカスタマイズした” への2件の返信

pplog にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください